社長、あなたも日々の業務に追われていませんか?

中小企業は生産性を上げろ。
日本は中小企業の数が多すぎる。

元ゴールドマン・サックスアナリストで、現在は小西美術工芸社社長として活躍するデービット・アトキンソン氏は、日本経済の停滞の一因は中小企業の数が多く、生産性が低いことだとの発言をしています。

すでに報道にも出ているように、このたび総理大臣に就任した菅総理も、アトキンソンさんの考えを参考に、中小企業政策の方針転換をするでしょう。

私も中小企業の一経営者ですので、大変に耳の痛い話ですが、アトキンソンさんのマクロ的な意見には概ね賛同しています。

現在、中小企業を優遇している政策が、徐々に厳しい方向に転換していく中で、私たち中小企業は抜本的に変わらなければならない時期を迎えています。

では、いったい、私たちは、どのように変わって、生産性を上げていくのが良いのでしょうか。

多くの中小企業の経営者に大きな影響を与え、「億万長者メーカー」とも、「21世紀のナポレオンヒル」とも呼ばれる、ダン・ケネディも一貫して中小企業が生産性を上げる重要性を説いています。

ダン・ケネディは、生産性を上げるための経営者の心得として、著書の中でこのように言っています。

「仕事」をしている限り、裕福にはなれない

ダン・ケネディ著、小川忠洋訳『億万長者の不況に強いビジネス戦略』
(ダイレクト出版,2010年)

生産性を高めるためには、私たち経営者は「仕事をしない」ことが重要だと言うのです。

この「仕事をしない」は、退職せよということではありません。現在あなたが手がけている事業において、あなたの責任範囲を小さくすること、つまり、仕事を誰かに任せることで、あなたに時間的な余裕を作ることを指しています。

つまり、私たち経営者・社長が日々の業務に追われていては、生産性は上がりようがないのです。

しかし、多くの経営者・社長はこう言います。

「うちの会社は、私が働かないと倒産します…」

デービット・アトキンソン、ダン・ケネディ両氏の言葉から考えると、日本の中小企業の社長がよく言う「私が働かないと…」ですが、これが中小企業の生産性が上がらない最も大きな原因であったのです。

政府は方針転換をして中小企業優遇の政策をやめる可能性がある。

リーマンショック、東日本大震災、近年の自然災害、そしてコロナ禍…経済にダメージを与える要因は数え切れない。

もう毎日、資金繰りやコスト削減のために、あらゆる手立てを考えている。

いったいどうすれば良いんだ!?

自己紹介が遅れました。海老一宏と申します。

プロフィール
海老一宏
海老 一宏
Kazuhiro Ebi

「人」は、自分の長所や成功体験をわかってもらいたいという欲求の塊だといっても過言ではありません。

私は、転職を希望されている方や、成長したいと願っている中小企業の社長さんとの面談の中で、顕在化している長所や成功体験を認め、さらに潜在的な「ポテンシャル」を探し、引き出すことに集中します。

面談者に対して、「この人はこういう素晴らしいところがあるな」「その成功の原因はなんだろう」「この人はきっとまだ自分の良さに気づいてない」など、思いながら面談するのは、大変エネルギーが必要な作業になります。

「あなたは、こういうところが素晴らしい能力ですね。これをもっと伸ばすには、これが必要です」と率直にお伝えすると、当初不安と緊張の面談者も、不安がなくなり、素晴らしい表情に変わり、やる気に満ち溢れていくのを感じます。

もちろん、誉めるだけではありません。過去の業務経験・仕事感・人生観を整理して、その方の持つスキルや考え方、人間性を把握した上で、客観的かつ厳しく判断して評価しています。

私が行っている人材紹介・転職支援や中小企業の成長支援コンサルティングは、企業にそれまでなかった新しいDNA、血液、魂を注入することです。

単なる「人材紹介」から脱皮し、「クライアント企業の成長を支援する」ことを徹底的に目指して、この17年間、私はひたすら”実践”をしています。

17年も会社を経営しているので、一通りのことは経験してきました。

意識の低い従業員の取り扱いに困ったり、やっとの思いでビジネスの仕組みを作り上げたり、人材紹介中心から中小企業の成長支援ビジネスへ転換したり…と、いくつかの修羅場をくぐり抜けてきました。

修羅場を迎えるたびに、私はいつも自分に問いかけることがあります。

世の中の「何に貢献し、誰の役に立ちたいのか?」そして、「それをどのように実現するのか?」と。

あなたが「仕事をしない」までの3ステップ

では、ここで想像してみましょう。

どうすれば、あなたが「仕事をしない」で済むようになるでしょうか。

きっと、あなたは、

など、ご自身が仕事から離れても、会社に安定した収益が入ってくるようにすれば良いのではないかと考えたでしょう。

上で述べた通り、生産性を上げ、裕福になる(会社の収益をあげていく)ためには、あなたが「仕事をしない」という現実を手に入れる必要があります。

私、海老一宏はそれを実現するための3つのポイントを提唱しています。

POINT.1 “WHY”-“HOW”-“WHAT”経営

あなたは、世の中(地域)の何を解決したいと思っていて、「なぜ解決したいと思ったのか?」「何に貢献し、役に立ちたいのか?」そして、「それをどのように実現するのか?」ということ、つまり、あなたの、そして会社の“WHY”-“HOW”-“WHAT”を明確にします。

POINT.2 社長10/10

これは、私、海老が中小企業に提唱している「10年後に10倍」という経営方針で、常に未来を意識した会社経営を行うということです。

すなわち、会社内におけるプレーヤーの位置を離れ、経営に専念しなければ10年後の未来を描くことができないので、今からその準備を始めることが重要だということです。

1つ目のポイントの“WHY”-“HOW”-“WHAT”を計画に落とし込みます。夢を実現するためのオンリーワン戦略を確立し、長期目標・中期目標・短期目標に分類し、それぞれを実現するためのPDCAを回して行きます。

POINT.3 地域・社会への貢献

会社の成長は、自分・家族・従業員が幸福になるだけでなく、それを地域社会へ還元していくのが、愛され、応援されるための最低条件です。

これは1つ目のポイントの“WHY”にも通じるだけでなく、実は2つ目のポイントの「社長の10/10」を強力に導いてくれるものでもあるのです。

今すぐ「WHY経営」に転換せよ

ビジネスにおいて重要なのは、以下の3つです。

  1. WHAT:何を売る(作る)のか
  2. HOW:どのように売る(作る)のか
  3. WHY:なぜ、仕事として売る(作る)のか

私が行ってきた面談において、経営者の方に会社の強みを伺うと「WHAT」や「HOW」をアピールすることに終始する方が大半です。もしかしたら、あなたも、自社の強みを「良いものを売っている」「丁寧に作っている」などと思っていませんか。

これぞ、「WHAT」と「HOW」しか考えられていない典型例です。

なぜか、多くの経営者の中に、“WHY”が欠けてしまっているのです。

このコロナ禍で見えてきた“WHY経営”の重要性

このコロナ禍、加えて、経済危機や天災など…予期せぬ事態に襲われても、復活を成し遂げたり、危機をきっかけに成長をしていく企業があります。このような企業に、ある共通点を見つけました。

その共通点とは、社長・経営者の中で、

が明確になっていて、

これらを顧客や地域の住民、従業員が理解している状態

です。

中小企業がこれからの時代を生き抜いていくためには、私の言う“WHY経営”、つまり、会社の理念、あなたの思いがきちんと顧客や地域の住民、従業員に伝わっているかどうかが大きな分かれ目なのです。

あなたの“WHY”を再発見しよう

TEDの講義で記録的なダウンロード数を誇るサイモン・シネックも、「まず『WHY』から始めよ」、「FIND YOUR WHY」など“WHY”の重要性を説く書籍を出しています。

では、そのサイモン・シネックの講義「How Great Leaders Inspire Action」の中から、印象的なフレーズを引用しながら、“WHY”の重要性を見ていきましょう。

引用1

People don’t buy what you do; they buy why you do it.

意訳:人々は、あなたが「何をしているのか」ではなく、「なぜそれをしているのか」を買う。

引用2

If you don‘t know why you do what you do, and people respond to why you do what you do, then how will you ever get people to vote for you, or buy something from you.

意訳:人々は、「なぜそれをしているのか」に反応するのに、あなたがその「なぜ」を自覚していなかったら、人々はどのように、あなたに投票したり、あなたから何かを買ったりするのだろうか。

引用3

The goal is not just to hire people who need a job; it’s to hire people who believe what you believe.

意訳:ただ仕事を求めている人を雇ってはいけない。あなたの信念に共感する人を雇うべきだ。

上記の引用1〜3の英文サイモン・シネック「How Great Leaders Inspire Action」より

理由や信念などは、顧客から買ってもらう・申し込んでもらうために必要なだけでなく、会社の組織体制の構築や人材採用にも必要だということです。

生産性が上がらなかったり、あなたが仕事から離れられなかったりするのは、あなたの事業に対する理由や信念が、あなた自身の中でブレてしまっていたり、従業員や取引先、地域の方にきちんと伝わっていないのが原因である可能性が高いのです。

あなたの“WHY”=あなたの会社の現在地

 

先ほどご紹介したダン・ケネディは、同じ本の中でこのようなことも言っています。

あなたの事業であなた以上の専門家は絶対にいない

ダン・ケネディ著、小川忠洋訳『億万長者の不況に強いビジネス戦略』
(ダイレクト出版,2010年)

いくら在職歴の長い社員がいたとしても、あなたの会社です。経営者・社長であるあなたの仕事に対する理念や思いが、あなたの会社の現在を説明しています。ここが固まっていない状態であれば、会社が不安定になってしまいます。

確かに、会社の業績は、社員の質や努力の結果でもあります。しかし、最も重要なのは、あなたが仕事に対する確固たる信念・思いをもち、それを従業員や取引先、地域の方々に伝えることです。

あなたの仕事に対する信念、すなわち“WHY”を改めて見つけて、それを伝えていきましょう。

あなたの現状を私に伝えてください。

「悩みのほとんどは相談するだけで解決する」と言われています。

ただ、インターネットなどで悩み相談を受けている法人を検索しても、相談に対応しているのは社長や経営者ではなく、一社員であることが大半です。社長や経営者特有の悩みを「社員」にして、適切な方針を指し示してくれることはできるでしょうか。

私も経験していますが、従業員はいくら経験があっても従業員で、社長や経営者の悩みを理解することはできません。理解すらできないので、共感もしてくれないし、悩みに対して適切に回答してくれることもありません。

ですから、同じ経営者・社長同士、私が全てのお話を伺います。

話すことが分からなくても大丈夫です。

日々、多くのことを考え、行動しているので、理想や現在地というものを言葉にすることが難しいと思います。そこで、弊社では、面談前にあるツールを導入し、相談者様の抱えている悩みや課題の言語化の役に立てています。

それが「社長の棚卸し」です。

「社長の棚卸し」は、ウィズワークス様が制作した「会社の健康診断」の理念をベースに作成した、社長・経営者がご自身のことを客観的に振り返ることのできるアンケートです。

「会社の健康診断」とは
ウィズワークス株式会社様
「成長ドライバ理論」に基づき、あなたの現在地と理想のギャップがわかる

ウィズワークス様にご協力いただき、「会社の健康診断」の質問項目をベースにしながら、より気軽に回答できる質問項目に改変を加えたものを作成させていただきました。

「会社の健康診断」は、約70の質問項目に回答していくことで、会社の現在地を把握することができる診断テストです。経営者・社長以下多くの従業員が回答することで、会社の現状を把握し、その解決に向けて歩み出すためのツールとして、多くの中小企業が取り入れています。

「社長の棚卸し」は、よい点数を取ればOKというものではありません。

ポイントは、自分に問い、答えを出すということです。診断して結果を見るということよりも、ここから理想に近づくための第1歩を踏み出していくということが大切なのです。

会社の土台となる「屋台骨」「大黒柱」を確固たるものにして、私と一緒に、ちょっとやそっとの危機ではびくともしない会社を作り上げましょう。

本ページからのお申し込み限定
無料面談のご案内

本ページから「社長の棚卸し」をご回答いただいた方に限り、無料面談を1回だけではありますが行わせていただきます。

面談の中では、有料コンサルティングのご案内もいたしますが、コンサルティングサービスは相性が大切です。ですので、「合わない」と思った場合は無料面談のみで終了していただいて構いません。

その場合は、当然、費用は頂戴いたしませんし、強引な勧誘も一切しないことをお約束いたしますので、その点はご安心ください。

コロナ、経済危機、天災など、私たち中小企業は、たった1つのトラブルで一気に経営危機に直面します。また、IT化が今までとは比べものにならない速度で進んでいます。

今回のコロナは、私たちにとっては大ピンチです。しかし、このようなピンチな状況だからこそ自社の課題を正確に把握し、それらの解決に向けて歩み出していくことで、ピンチをチャンスにすることができます。この機会を逃していはいけません。

無料面談までの流れ

無料面談へのお申し込みまでの流れをご説明いたします。

ステップ1

本ページの内容を確認していただき、「社長の棚卸しをする」のボタンをクリックしてください。

ステップ2

お名前・メールアドレスなど必要事項のご入力と「社長の棚卸しシート」の回答をお願いいたします。何も恥ずかしいことではありませんので、ありのまま正直に答えてください。

ステップ3

回答後、無料面談の日程のご連絡を差し上げます。日程を調整し、面談を実施いたします。

夢を語りあってイノベーションを起こしましょう。

イノベーションは、「新しい技術の発明」を意味する言葉として使われていますが、本来は、「新しい価値を生み出して社会的に大きな変化をもたらすこと」という意味の言葉です。

会社の健康診断と無料相談を有効活用して、新しい価値を生み出しましょう。

ネスレ日本の社長である高岡浩三氏は、マーケティングの第一人者であるフィリップ・コトラー氏と一緒に、イノベーションとリノベーションの違いを明確にしました。

イノベーションは顧客が気づいていない問題を解決すること高岡浩三氏

そして、もうひとつ、アメリカ前大統領バラク・オバマの言葉も添えておきます。

我々は夢を追ってリスクを冒していく国民です。我々は誰よりもイノベーションが得意で、それが経済を強くしているのです。アメリカ前大統領バラク・オバマ

オバマ前大統領が言うように、夢を追って経営者のリーダーシップを発揮する、つまり、決断をすることが、あなたの会社を自らの手で強くする条件です。

私と夢を語り合いましょう。それが、あなたの会社を強くするスタートになります。

無料面談でお伝えしていること

会社の健康診断と無料面談でわかることの一部です。

これらに加えて、あなたの質問にも回答していきます。

社長、まずは頭の中を整理してみませんか?

悩みの根源は、実は別のところにあるのかもしれません。

※無料サービスは、「社長の棚卸し」の回答と初回面談までとなります。
※面談時には有料サービス(月額20万円・税別)のご案内をさせていただきます。
※アクティベイト海老の公式メールマガジンに登録されます。
※メールマガジンは無料で、不要な方はワンクリックで解除できます。

コンサルティングサービス
「社長室.com」のご案内

「社長室.com」は、社長・経営者が、社長である私にお悩みを相談し、解決に向けて一緒に歩んでいくサービスです。

人材紹介・転職エージェントとして、人材採用戦略で中小企業の成長を支援したことに加え、中小企業の経営改善コンサルティングを提供するために、多くの中小企業の経営課題を伺い、解決してきたからこそ行うことのできるアドバイスがあります。

このような社長・経営者様のお悩みを承っています

これらすべてを自社で行おうとすると、余計に時間も費用もかかり、かえって逆効果になってしまうことも多くなってしまいます。

大切なのは、取り組むべき課題を明確にし、解決するプロセスを明確にすることです。

そこで、今回、貴社の課題解決のお手伝いをするために、「社長室.com」を体験していただくための無料面談を承ることにいたしました。

実践者様の声

田中 純貴

有限会社マルナカ 代表取締役


事業の拡大により、今までの会社の経営レベルを上げる必要を感じていました。

経営の基礎である経営理念をはじめ、お客様により満足していただくための社員教育や評価制度などを再確認して、新しい制度設計を行うことが求められておりました。

鹿児島県のプロフェッショナル人材戦略拠点のご紹介で幹部人材の紹介会社のアクティベイト㈱の海老社長と出会い、人材採用の前に会社の基礎を再構築する「社長室.com」のメニューの1つである『屋台骨コンサル』を提案されました。

海老社長曰く、「会社の体制の見直しや確立は、現社員の意識を高め、新たな採用社員の活躍にも大きく影響するので、今回は社員採用より『屋台骨コンサル』を優先したらどうか」とのことで依頼を決めました。

『屋台骨コンサル』は現在の姿を見える化して、整理整頓し、足りないものを補い、さらにそれをもとに中期の計画を構築するものとなりました。

今後も新しい課題が見えてきており、継続して依頼をするつもりです。

「社長室.com」の無料面談で会社の改革案を立てませんか?

気づかなかった貴社の弱点が見つかります

※無料サービスは、社長の棚卸しと初回面談までとなります。
※面談時には有料サービス(月額20万円・税別)のご案内をさせていただきます。
※アクティベイト海老の公式メールマガジンに登録されます。
※メールマガジンは無料で、不要な方はワンクリックで解除できます。

社長室.comへのお申し込み特典

無料面談後に、「社長室.com」のコンサルティング(オンラインコース)にお申し込みいただきますと、下記の特典をご用意しております。

スペシャルボーナス1オンライン面談コース限定
月額費用10万円の割引
(対面面談コースの場合は適用なし)

「社長室.com」コンサルティング対面コースは、通常月額30万円のサービスです。このコロナ禍で外出できなくなったことをきっかけに、ZOOMなどを利用するオンライン面談コースを新設しました。

オンライン面談コースは、移動にかかるコストがほとんどありませんので、料金を10万円割引した月額20万円(税別)にて提供いたします。

スペシャルボーナス2「働かない『働きかた改革』でいいのか?」を
プレゼント
(サインを入れてお送りいたします)

中小企業の経営者様向けに書いた私の4冊目の著書「働かない『働きかた改革』でいいのか?(平成出版)」を進呈いたします。

「働きかた改革」をテーマにして書いた本ですが、ここには「社長室.com」で提供しているコンサルティングの考え方・理念をまとめていますので、ぜひお読みいただきたいと思っております。

スペシャルボーナス3弊社提携先を貴社に無償でご紹介
(弊社は今でも成長のために専門家を入れています)

例えば、弊社はIT化を進めるためにITの専門家と契約しています。また、様々な専門家と提携して事業を進めています。

今後、貴社の事業の成長に専門家からのアドバイスが必要な場合、お申し付けいただければ、弊社提携先をご紹介いたします。

当然、紹介手数料などはいただきません。提携先に直接料金などをご相談ください。

弊社提携専門家の一部
  • 全社で行う総合経営診断システム
  • SNSなどインターネットを活用した販路開拓・拡大
  • 誹謗中傷・風評被害対策、SNSリスクマネジメント
  • 既存ビジネスのフランチャイズ化コンサルティング(実績:業界トップを2社)
  • 経営課題の解決につながる著書出版コンサルティング(商業出版・自費出版)
  • 弁護士(10名の中から専門性に合わせてご紹介)
  • 公認会計士・税理士(事業継承・節税などの相談)
  • 社労士(雇用トラブル対策では国内トップ級)
  • 在宅ワークの活用
  • 探偵事務所
  • 従業員のES診断

その他、「海老さん、◯◯に詳しい知り合いはいませんか?」とお気軽にお申し付けください。

スペシャルボーナス4セミナー・講演会の講師
(20万円相当)

貴社が主催するセミナー・講演会の講師を承ります。参加費用などを徴収して収益をあげたり、貴社の新たな人脈の開拓に私をご利用ください。

遠隔地の場合は、オンラインでの登壇にも対応いたします。

終了しました

よくあるご質問

本当に無料ですか。

「社長の棚卸し」と初回面談は無料です。

理想の会社に近づくのは、社長・経営者自身がアンケートへの回答と面談を活用して客観的に自分の状態を把握し、今後の会社の方針を決めるのに役に立てていただきたくことから始まります。

有料サービスなどへの強引な勧誘は一切しないことを約束いたします。

海老さんは、どういう人ですか?

ありがとうございます。自身で法人を立ち上げて、社長として17年が経過しました。エグゼクティブ系の人材紹介業で20年以上の経験があり、転職相談においては経営幹部、営業職を中心に7000名以上の方と面談させていただきました。

また、現在は内閣府のプロフェッショナル人材戦略セミナーの講師として全国でセミナーや講演を行なっています。そこで、たくさんの中小企業の社長様から経営課題の相談を承りました。

「何とかお役に立ち、経営課題の解決につながるような支援ができないものか」と考え、このようなサービスを立ち上げています。

実績:著書4冊、人材戦略セミナーの講師として16県で登壇

入力した情報を外部提供されることはありますか。

ありません。

お送りいただいた情報、面談中に知り得た情報は、プライバシー・ポリシーに基づき弊社内にて厳重に保管・管理いたします。ご安心ください。

海老との面談で会社の新たな魅力を発見しませんか。

気づかなかった貴社の弱点が見つかります

※無料サービスは、社長の棚卸しと初回面談までとなります。
※面談時には有料サービス(月額20万円・税別)のご案内をさせていただきます。
※アクティベイト海老の公式メールマガジンに登録されます。
※メールマガジンは無料で、不要な方はワンクリックで解除できます。

本ページでご紹介している内容

サービス名 価格 内容
社長室.com
-無料体験-
0円 「社長の棚卸し」への回答、回答結果をもとにした面談とお悩み相談(オンラインもしくは電話にて約30分)
社長室.com
-本契約-
20万円(税抜)〜/月 無料相談時に明らかになった課題を解決するソリューション・コンサルティングの提供(基本はオンラインにて)
このページの先頭へ